パンダ社長の「どやブログ」

共有社会について一考 ~低成長下でも心豊かに 愛情をシェアする時代~

2017.01.17
カテゴリ : 日記

酉新年おめでとうございます。昨年は、筆者のつたない文を我慢して読んでいただき感謝感激雨霰です。

どうぞ今年も頑張って書きますので「隅から隅まで、ずずずいと、お願い申し上げ奉りまする」と目出たい正月なので、初めの挨拶として歌舞伎調に書きました。

今年は酉年です=参照①。酉年とは、どういう年なのかネット上で見ると、ニワトリは明け方に鳴く鳥です。新年も一番に鳴く鳥のため縁起がよいとされています。さらに商売関係にも縁起のよい干支とされています。「とり→とりこむ」で商売が繁盛するとされています。行動力があり、積極的。親切で世話好きであるという意味もあります。


 さて今年は、どういう年になるのか誰もが気になるところです。毎年、占い師、経済評論家でもズバリと当たりません。でも物事には前兆があります。
 地震は急に来ると思われていましたが、予知があることがわかり、政府の諮問機関=参照②=に「予知連」があります。それによって少しでも早く対策が取れれば被害を少しでも少なくできます。世の中の動きも急に来ているようでも、急には来ないのです。例えば第二次世界大戦もいろいろなことが積み重なって戦争になったのは歴史を検証するとわかります。
 

ではこれからの動き、近未来を、独断と偏見を交えて書いてみましょう。
 タイトルにも書きました「共有社会」とはどういう社会か。文字通り「共有」を辞書で調べると①一つの物を2人以上が共同で持つこと②共同所有の一形態で2人以上の者が同一物の所有権を量的に分有する状態(デジタル大辞泉より)。
 なぜ筆者がそう感じるかは、NHK Eテレで、オランダはネットを通じてさかんに物々交換をしているとの番組を見ました。では日本ではどうかと見ていると「ジモティー=jmty.jp」=参照③=という交換無料サイトがあり、テレビでもよくCMをしていて、見られた人は多くいると思います。このサイトを見ていると、Aさんは子供が大きくなって「ベビーカーが要らなくなる」とすると、サイトを見たBさんは「欲しい」と申し入れたら、条件が合えば交換できます。Aさんにとっても粗大ゴミで捨てるとお金がかかります。Bさんにとっても、赤ちゃんの成長は早いので、いつまでも要らないから買いたくない。両者の考えが一致すればWIN、WINです。一種の生活の知恵、防衛です。高度成長時代の使い捨て時代から低成長期になっていくと、どんどんと必然的に節約するようになります。本当に必要な物しか買わない。本当に欲しいものしか買わない。余っている物、しいて新品を買う必要のないものは交換しようとする。つまり「共有社会」になっていくと思うのです。今では当たり前になっているカーシェアリング(Sharing=参照④)は、1台の車を共同使用することで、その固定費、維持費に悩まされることはないのです。要る時に使えれば良いのです。物としての車は欲しくないのです。車はあくまでも移動手段です。
 たとえばYOUTUBEで聴きたい歌があれば、即座に聞き、おまけに映像も見れます。またダウンロード=参照⑤=をして保存する人もいます。そうなればCDやDVDを買わなくなります。オリジナル版や、その物を持ちたい、YOUTUBEにないものを欲しいと思う人は、もちろんいます。でも買えばお金がかかるし、置く場所もない、別に次から次へと新曲が出てくるので、言い方は悪いが、使い捨て文化です。YOUTUBEやレンタルは一種の共有です。だから知らず知らずに「共有社会」に入ってきてます。そうなると政府がいくら消費を煽っても消費は伸びません。消費が伸びなかったらどうなるかは、当たり前ですが生産が落ちます。生産が落ちるとどうなるか。設備投資の意欲がなくなるのです。作っても売れないのだから、よほど購入意欲をそそる物を作ることです。たとえばLEDなんかは、電力消費が少ないし、長持ちするし、換えた方がメリットがあるとなると購買します。作れば売れる時代は過ぎて、また安売りすれば買ってくれることもありません。安くても要らないものは要らないのだから。企業も安いから在庫するということもないのです。昨今の小ロット発注は時代を反映しているのです。物を作るということは資源を使うことです。省エネ、限りある資源を大切に!となると、資源国は困り不況になります。産油国は買ってもらおうとして、石油は安くなります。資本主義というのは人々が消費することによって成り立ってます。それが消費が鈍ると、不買運動みたいに崩壊します。それで政府は公共事業をどんどんして金をバラまきます。税収が多くてバラまくなら良いけれど、景気の良い時は公共事業は少ないのです。する必要がないからです。税収が少ないから国債を発行するのです。国債といえばカッコ良いですが借金なんです。今や一千百兆円ぐらいあります。発行するのも限度があります。少子高齢化社会の日本は、成長神話から脱皮して地道な道を歩まなければならなくなるでしょう。それと残業抑制、有給休日を多く取るようになると、残業代は少なくなり、時間はあるけれど金はない。若い人は無料ゲームにはまり、ポケモンGOに走り、お年寄りは、リュックと水筒ぶら下げて「歩く会」に入り、お金を使わなくなります。女性は編み物をするようになるでしょう。そしてまだ行動してくれたら良いが、本当に何もすることのない老人は、公園のベンチで食べ残したパンをハトに与えることで暇つぶしをするでしょう。所得が伸びないから必然的に物は買わない「共有する社会」になるでしょう。でも成長産業としては、共有できないもの、医療、介護、教養、どうしても個人的な物、個人的サービス産業は成長するでしょう。筆者の今年の抱負は「共有愛」です。
 お互いに思いやる気持ちがあれば、低成長の時代でも心が豊かに暮らせるのです。
 最後に共に愛情を共有する時代が来るようにと新年の挨拶に代えさせていただきます。

 

【参照】
 ①酉年=十二支の10番目。時刻では午後6時、およびその前後の2時間、方角では西、動物では鶏に当てる。作物をおさめ酒を抽出する10月。のち十二支の10番目のとりに当てる。象形。口の細い酒つぼを描いたもの。のち、酒に関する字の意として用いる(漢字源より)。
 ②諮問機関=行政庁の諮問に応じて学識経験者などが審議、調査を行い、意見を答申する機関(デジタル大辞泉より)。
 ③ジモティー=全国の無料広告の掲示板。中古品や求人情報などが無料で掲載できる。詳しくは「ジモティー」のサイトを見てください。
 ④シェアリング=分かち合う。分かち合うこと。
 ⑤ダウンロード=インターネットなどで通信回線を介してまとまったデータ(ファイル)をホストコンピューターから受信すること(デジタル大辞泉より)。

 

※ この文章は ポリオレフィン時報 2017年1月7日(第2107号)発行より抜粋いたしました。(http://www.poj-news.net)

 

#酉#新年#ブログ#経営者#大阪#経営#経済#付属品#袋#箱

Copyright © Iwatapla Corporation. All right reserved.

Top